【サッカー人気5位】仙蹴塵記×KAWAJIうぉっちベガルタ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【短期集中連載・シーズンレビュー2016】第1回/期待と不安が入り混じったプレシーズン

J2復帰初年度を7位で終えた2016シーズン。“相馬ゼルビア”は、チームとしていかなる足跡を刻んできたのか。今回から4回に分けてお届けする【短期集中連載・シーズンレビュー2016】。第1回は開幕前のチーム作りに焦点を当てる。

▼安定のセンターラインに適材適所で戦力を増強

「継続性」(丸山竜平強化部長)を一つの理由に、“第二次相馬政権”は、今年3年目を迎えた。昨季は大分トリニータとのJ2・J3入れ替え戦を制したFC町田ゼルビアは、2012シーズン以来、4年ぶりのJ2を戦う権利を手にした。シーズン目標は、“J2定着に向けた足がかりを作ること”。「J2残留」という明確な言葉は使わずに、新体制発表でも、一つでも上の順位を目指すことが強調されていた。

(残り 2749文字/全文: 3071文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック