【サッカー人気5位】男女サッカーの明暗、聖火台探訪、そして…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2第6節・FC岐阜戦/支払った代償。アウェイチームのプランにハマる

■明治安田生命J2リーグ第6節・4月1日(土)14:00キックオフ
町田市立陸上競技場/2,819人
FC町田ゼルビア 0-1 FC岐阜
【得点者】岐阜/71分 難波宏明

▼岐阜の勝利へのアプローチ

開始2分と7分にFC町田ゼルビアは決定機を創出。一つは戸島章がヘディングシュートを枠外に外し、中島裕希のシュートはゴールライン上でクリアされた。アグレッシブな試合の入りは、確実にアウェイチームを苦しめたが、この序盤に相手を仕留められなかったことが後に響く結果となった。

(残り 1505文字/全文: 1731文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ