【サッカー人気2位】【ガンバうぉっち】東口目線:ガンバはマ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2第9節・徳島ヴォルティス戦/響いた序盤の失点。徳島の策略に屈する

■明治安田生命J2リーグ第9節・4月22日(土)15:00キックオフ
町田市立陸上競技場/2,710人
FC町田ゼルビア 0-1 徳島ヴォルティス
【得点者】徳島/10分 前川大河

▼前評判どおりのチームだった徳島

対戦相手によって戦い方を“フレキシブル”に変えてくる。リカルド・ロドリゲス監督が率いる新生・徳島ヴォルティスは前評判どおりのチームだった。

FC町田ゼルビアをスカウティングした徳島のコーチングスタッフ陣は「前後左右をコンパクトにして戦ってくる」(島屋八徳)と町田を分析。まずは町田のチーム全体の陣形を間延びさせるプランニングを用意していた。

(残り 2057文字/全文: 2326文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック