本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

【小野路便り】MF 39 重松 健太郎/ウルフの自覚

▼覚悟の言葉

その瞬間、彼は冷静だった。J2第10節、敵地での水戸ホーリーホック戦の92分。相手最終ラインとの駆け引きを制し、裏へ抜け出すと、吉濱遼平のスルーパスを受けた重松健太郎は浮き球のシュートでGK笠原昂史が飛び出して不在となっているゴールへ右足シュートを流し込んだ。1-3から1点差に詰め寄る追撃弾に喜んでいる時間は残されていなかった。試合再開のキックオフを急ぐために、重松はセンターサークルに早くボールを運びたかった。

(残り 799文字/全文: 1012文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック