『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

【マッチレビュー】J2第14節・名古屋グランパス戦/土壇場の失点。こぼれ落ちた勝ち点1

■明治安田生命J2リーグ第14節・5月17日(水)19:00キックオフ
パロマ瑞穂スタジアム/7,708人
名古屋グランパス 2-1 FC町田ゼルビア
【得点者】名古屋/10分 玉田圭司、90+2分 シモビッチ 町田/76分 谷澤達也

▼名古屋、前節の大敗が生んだ最大級の“アラート”

(残り 2130文字/全文: 2262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック