『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「町田日和」郡司聡

【★無料公開】【マッチレビュー】第41回日本クラブユース選手権(U-18)グループステージ第3戦・松本山雅FCU-18戦/切り開いた歴史の扉。グループステージ突破、ラウンド16へ進出!(第1報)

■第41回 日本クラブユース選手権(U-18)大会
グループステージ Gグループ第3戦 14:05キックオフ
前橋総合運動公園陸上競技・サッカー場/200人
松本山雅FC 3-0 FC町田ゼルビアユース (40分ハーフ)
【得点者】町田/12分 鈴木舜平、34分 馬場渓(PK)、57分 鈴木直人

▼松本U-18に3-0の快勝

第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は3日目を迎え、FC町田ゼルビアユースはグループステージ最終戦・松本山雅FCU-18戦に臨み、松本を3-0で撃破。グループステージ突破を争った他会場の京都サンガF.C.U-18がFC東京U-18に0-2で敗れたため、町田ユースのラウンド16進出が決まった。

試合は「前半の早い時間帯に失点を喫した初戦のFC東京U-18戦での試合の入りを反省を生かした」(谷口幸太)町田ユースがアグレッシブなボールアプローチで主導権を握った。序盤の12分には左ウイングバック野呂光希によるクロスボールの展開からゴール前が混戦となり、齊藤滉のシュートは松本GK三枝蒼に一度はじかれたものの、そのこぼれ球を鈴木舜平が押し込み、町田が待望の先制点を奪取。さらに先制後の町田は攻勢を緩めず、34分にはセットプレーの混戦から谷口がPKを獲得し、そのPKを馬場渓が冷静に沈めて追加点を決めた。

前半の松本のシュートを0本に封じ、2-0で折り返した後半も終始町田ユースが主導権を掌握。迎えた57分にセットプレー崩れの展開から石田和成のクロスボールを鈴木直人がドンピシャのヘディングで合わせて勝負を決める3点目を奪い取った。

3-0で迎えた後半のアディショナルタイム、他会場のFC東京U-18リードの経過をピッチ上の選手たちに伝えた竹中穫監督は「このままで良い」と声をかける。そして3分のアディショナルタイムが経過し、主審の試合終了を告げるホイッスルが鳴り響くと、グループステージ突破を決めた選手たちは喜びを爆発させた。

「(グループステージ突破は)クラブの結束力の勝利」と竹中監督。2年前のグループステージ敗退の悔しさを知っている須藤友介は「ここからは挑戦になる」とコメントし、明日(27日)のラウンド16に最善の準備を尽くして決戦に臨むことを誓った。

Photo&Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)

※監督・選手コメント全文、コラムは後ほど掲載いたします。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ