『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「町田日和」郡司聡

【★無料公開】【監督・選手コメント】第41回日本クラブユース選手権(U-18)グループステージ第3戦・松本山雅FCU-18戦/竹中穰監督、鈴木舜平選手、谷口幸太選手、須藤友介選手、舟橋碧人選手

■第41回 日本クラブユース選手権(U-18)大会
グループステージ Gグループ第3戦 14:05キックオフ
前橋総合運動公園陸上競技・サッカー場/200人
松本山雅FC 3-0 FC町田ゼルビアユース (40分ハーフ)
【得点者】町田/12分 鈴木舜平、34分 馬場渓(PK)、57分 鈴木直人

■竹中 穰監督
ーーまずは試合の総括をお願いいたします。
「目の前の試合で勝つことにフォーカスして戦いました。山雅さんはトップの選手が背後を突いてくることを意識してきていたので、それがストロングポイントでしたから、そこをどう消すか。彼らのストロングポイントを消しながら、ボールが入ったところでいかにボールを保持して攻められるか。その反応が3試合の中で一番良かったですね」

ーーどんなことを話して選手たちをピッチに送り出したのでしょうか?
「毎回変わらないのですが、相手がボールを持っているときはアグレッシブにボールを奪いに行く。そして勇気を持ってボールを動かすこと。チームとしては攻撃の質が課題なので、ワンプレーでも改善することを求めていました」

ーー試合を経るたびにチームとして成長した部分は何でしょうか?
「個人個人が急に変わるわけではないので、毎日彼らが成長したいという意思表示があれば成長するでしょうし、チームも良い意味でいろいろな準備のコミュニケーションも取れています。チーム内にはきちんと競争がありました。誰が出ても変わりませんし、ウチは競争と団結が存在しているチームです」

ーー町田で朗報を待っていたファン・サポーターの方々もいました。メッセージをお願いします。
「この結果はクラブの結束力の勝利です。スタンドにいる人たちの力を借りようと話している中で結果を残せたことをうれしく思っています。応援団にはU-14の子たちがいます。自然発生的に応援に来ようと、そうなってくれています。今後こういう舞台に戻ってきたいと思わせるためにも、こういう舞台を見せるべきと思っていましたので、それを見せられて良かったです」

■MF 18 鈴木 舜平
ごっつあんゴールだったけど、うれしかった
「チーム全員でチーム一丸で勝つことだけを目指して戦いましたし、次の試合のことは考えずに目の前の相手から勝利をつかむことだけを意識していました。早い時間帯に点を取れて、応援してくださった方々の声援も、とても力になりました。(ゴールシーンについて)こぼれ球が転がってくるかなと思っていました。ここ3試合、ゴール前に飛び込んで点を取りたいと思っていました。その中でボールがこぼれてきて、ごっつあんゴールだけど、うれしかったです。正直、まだグループステージ突破の実感はないのですが、宿舎に帰って対戦相手も決まれば、実感が湧くかもしれません」

■MF 6 谷口 幸太
チームとしての良さを発揮できた
「初戦のFC東京戦で負けてしまいましたが、勝ち点4の得失点差での勝ち抜けなので、運もあったのかなと思います。でもすごくうれしいです。サンガとFC東京の試合結果次第で他力本願だったけど、まずは目の前の試合で勝つことに集中していました。前半の早い時間帯に点を取って楽になれました。それが良かったと思います。

初戦のFC東京戦で15分ぐらいで3点を取られて、入りが良くない中で、今日は修正して失点ゼロで入ることができました。相手がSBから裏に蹴ってくることは分かっていたので、そこにファーストDFがしっかりとアプローチに行けて、あまりそういうボールを蹴らせませんでした。そこで前から相手をハメることができたのかなと思います。前からの守備がハマりました。

仮に自分が前へ出ていくときも背後にはアオト(舟橋)もいるし、須藤もいます。だから僕は心置きなく前へ行けます。周りを信頼して、自分のやるべきことをやれている結果でもあります。個の力ではFC東京が相手でも京都でも勝てないので、2対1、3対1の状況を作り出して、どれだけカバーできるか。そこの勝負でしたが、そういうチームとしての良さを発揮できたことがこの結果につながりました」

■DF 5 須藤 友介
初戦で2点を取ったことがこの結果につながった
「2年前の結果(グループステージ敗退)を越えられたことがうれしいです。前の試合でGKも負傷して、また彼が戻ってこられる機会を作るためにも、次の試合につなげなければいけないという思いで戦っていました。勝てて良かったです。

初戦のFC東京戦は4点を取られたけど、あきらめずに点を取りに行って、2点を取ったことがこの結果につながったと思います。2戦目の京都戦も点を取れなかったけど、自分たちのサッカーをできたことが今日の結果につながりました。2点を取れば他力だけど、行けると思っていました。初戦で最後に2点を返したことが良い形で自分たちにはね返ってきました。

他力で突破がダメでも、1勝を町田に持ち帰ろうと話していたので、目の前の相手に勝てたことが良かったです。宿舎に戻って最善の準備をして次の試合に臨みたいです。ここからは挑戦になるので、一つでも上に行けるように頑張ります。

(トップチームに帯同中の橋村龍ジョセフについて)アイツにはもっと上のステージがあるので、頑張っている姿を届けられて良かったです」

■DF 2 舟橋 碧人
2年前の悔しさを晴らせて良かった
「率直にうれしいです。2年前は最終戦・横浜FC戦で負けてしまってすごく悔しい思いをしたのですが、その悔しい思いを晴らせて良かったです。2年前は引き分け以上でグループステージを突破できるにもかかわらず、突破が見えてきたあたりで失点をして負けてしまいました。僕も出ていましたが、残りの15分ぐらいで失点をしてしまって、悔しい負け方をしていたので、それを越えられて良かったです。

全国大会を経験しているのは僕たちが最後の代。2年前は加倉井先輩や西前先輩たちが引っ張ってくれましたが、今回は須藤、石田と僕らの代の選手が最終ラインを引っ張っていくことができました。自分たちで下級生を引っ張ってコントロールできたと思います。次の試合までもう24時間ないので、食事と睡眠をしっかりとって、どこが相手でもきちんと戦えるような準備をしたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ