【サッカー人気2位】【松本山雅】[元悦対談]新コーチ・三浦…

「ゼルビアTimes」郡司聡

元・日の丸戦士のジョーカーに屈する。5試合ぶりの敗戦の先に宿る意思とは【マッチレビュー/京都サンガF.C.戦】

■明治安田生命J2リーグ第25節・7月29日(土)19:00キックオフ
町田市立陸上競技場/2,420人
FC町田ゼルビア 0-2 京都サンガF.C.
【得点者】京都/71分 大黒将志、82分 大黒将志

▼スリッピーなピッチを利用した狙い

「いまできていることをすべてぶつける」(相馬直樹監督)

目下4連勝中のFC町田ゼルビアは、過去リーグ戦5試合で一度も勝てていない京都サンガF.C.を相手にすべてをぶつける覚悟で試合に臨んでいた。試合前から降り注いだ雨により、スリッピーだったピッチを計算に入れて、指揮官は選手たちにある意識付けを行っている。ボランチの森村昂太が次のように明かした。

(残り 1700文字/全文: 1983文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ