『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「町田日和」郡司聡

執念の勝ち点1。土壇場の同点劇を生んだ原動力【マッチレビュー/ファジアーノ岡山戦】

■明治安田生命J2リーグ第32節・9月10日(日)18:00キックオフ
シティライトスタジアム/8,546人
ファジアーノ岡山 1-1 FC町田ゼルビア
【得点者】岡山/83分 大竹洋平 町田/90+2分 大谷尚輝

▼前例に違わぬ“タフバトル”

ファジアーノ岡山との対戦成績は、過去5戦で4分1敗。直近4試合はいずれもドローゲームに終わっていることに加えて、ともにハードワークを身上とするチーム同士の対戦でもあるため、戦前からタフなゲームになることは織り込み済みだった。「町田さんとはいつもタフなゲームになる」とは敵将・長澤徹監督の言葉である。

(残り 1750文字/全文: 2012文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ