【サッカー人気1位】リオ五輪予選の後遺症が解消されていなか…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】『プロ野球ファン大歓迎企画2017』への誘い。阪神タイガースファン・李漢宰の場合【FC町田ゼルビア後援会連動企画/小野路便り】

▼熱狂的な応援の虜に……

昨季に引き続き、FC町田ゼルビア後援会は『プロ野球ファン大歓迎企画2017』を実施する。この企画は11月12日(日)14時から町田市立陸上競技場で行われるJ2第41節・FC町田ゼルビアvsレノファ山口FCに、プロ野球ファンを無料招待するというもの。試合当日、スタジアム隣接のゼルビーランド内にある『FC町田ゼルビア後援会ブース』でユニフォームを着用するなど、プロ野球ファンであることを証明すれば、ホーム自由席で山口戦を観戦できるプロ野球ファン大歓迎企画である。

岡山県倉敷市出身のMF李漢宰は、倉敷市のマスカットスタジアムで定期的に公式戦を実施している阪神タイガースのファン。実はプロ野球の公式戦を初めてスタジアムで観戦した試合が阪神甲子園球場での東京ヤクルトスワローズ戦だった(試合は0-9で阪神の完敗だったようです……)。

「阪神ファンの熱狂的な応援の虜になりました。いまはなかなか球場には行けませんが、よくテレビで試合を見ています」

これまで魅せられてきたプレーヤーは、新庄剛志を筆頭に亀山努、久慈照嘉、赤星憲広ら。ちなみに李漢宰の中で阪神における“代打の神様”は桧山進次郎だという。

阪神タイガースファンのみなさん。ぜひ、11月12日(日)は町田市立陸上競技場にお越しください。

【プロ野球ファン大歓迎企画2017の詳細】
http://fcmz-kouenkai-support-team.blog.jp/archives/1067737390.html

Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)
Photo by ©︎FC町田ゼルビア、Satoshi GUNJI
※文中敬称略

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ