「町田日和」郡司聡

【★無料公開】来季町田加入内定のMF土居柊太が所属する明治大、関西大に惜敗。インカレ初戦で姿を消す【マッチレビュー(監督・選手コメント付)】

■第66回全日本大学サッカー選手権大会・2回戦
12月16日(土)13:30キックオフ
浦安市運動公園陸上競技場/742人
関西大学 1-0 明治大学FC町田ゼルビア
【得点者】関西大/38分 加賀山泰毅(PK)

▼明治大、後半の猛攻も及ばず……

冬の大学日本一を決める全日本大学サッカー選手権大会(通称:インカレ)の2回戦が12月16日(土)、各地で開催された。来季のFC町田ゼルビア加入が内定しているMF土居柊太を擁する明治大学は、関西大学と浦安市運動公園陸上競技場で対戦。注目の土居は負傷でメンバーから外れたが、卒業後のアビスパ福岡入りが内定しているFW木戸皓貴らが先発出場を果たし、彼を中心とした攻撃陣が試合開始から相手の背後を突く形で関西大ゴールに迫った。

しかし、先手を奪ったのは関西大だった。迎えた38分。左サイドからのクロスボールがDF山崎浩介の手に当たったと主審・竹長泰彦氏が判定し、主審はPKスポットを指差した。そしてこのPKをFW加賀山泰毅が冷静に左サイドへ沈めて、関西大が貴重な先制点を奪った。

1点を追う明治大は後半のスタートから攻撃のギアを上げ、後半は“ハーフコートゲーム”の様相を呈していく。後半途中には「ずっと練習してきた」(栗田大輔監督)という[3-4-3]にシステムを変えて明治大が猛攻をしかけた。

72分にはFK崩れの展開から途中出場のDF中村帆高が際どいシュートを放ったものの、ゴールならず。なんとしても追い付きたい明治大はロングボールを多用し、パワープレーで相手ゴールに迫る中、エースの木戸はシュートゼロ本に封じられてしまう。結局、試合は明治大の猛攻も及ばず、無情にも0-1のスコアで試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

「選手たちが我慢強く戦ってくれた」。試合後、そう言って選手たちの奮闘に労いの言葉を掛けたのは、かつてガンバ大阪でJ1リーグ通算1万ゴール目となる“メモリアルゴール”を決めた関西大の前田雅文監督。一方の明治大・栗田監督は「攻めていても点を取り切れないことが今季のチームの課題」と話し、試合会場を後にした。

Photo&Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ