監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

対外試合今季初勝利。逆転の理由【宮崎キャンプトレーニングマッチ・FC今治戦/マッチレビュー】

1月29日から宮崎・綾町てるはふれあい広場でキャンプを張っているFC町田ゼルビアがキャンプ9日目となる2月6日、トレーニングマッチを実施。JFLのFC今治と対戦した。なお、本数は45分×3本。トータルスコアは4-2の勝利だった。

 

▼難航の序盤、猛攻の終盤

かつてU-17日本代表の監督を務めた吉武博文監督率いるFC今治は「型を持ったチーム」(相馬直樹監督)。傑出したタレントこそいないが、今治はショートパスを駆使する相手だった。

(残り 1812文字/全文: 2025文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック