「町田日和」郡司聡

全選手パフォーマンスチェック2018【宮崎キャンプ総括】

1月29日から2月9日まで、宮崎県綾町でキャンプを張ったFC町田ゼルビア。「チームの共通理解を深めていくこと」(相馬直樹監督)を最大のテーマに掲げながら、2月25日のオープニングマッチ・京都サンガF.C.戦(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)に向けて、チーム作りを推し進めてきた。今回はキャンプ総括企画として、キャンプ終盤時における全選手のパフォーマンスをチェック。ジュビロ磐田、FC今治、ヴァンフォーレ甲府などとのトレーニングマッチ試合を通じて、見えてきた各選手の仕上がり具合は? (写真・文/郡司 聡)

 

【トレーニングマッチ試合結果】
・ホンダロックSC戦/2△2(30分×3本)
・ジュビロ磐田戦/1●5(45分×3本)
・FC今治戦/4○2(45分×3本)
・ヴァンフォーレ甲府戦/0●1(45分×4本)

 

【パフォーマンス評価】
A:順調
B:まだまだこれから
C:巻き返しに期待!

 

(残り 5929文字/全文: 6336文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ