サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

「ゼルビアTimes」郡司聡

平戸太貴/トップ昇格1年目をともに戦った、かつての指揮官の前で【小野路便り】

▼石井正忠監督との再会

チームを開幕戦の勝利に導く2アシストに、後半の“パンツ履き違え”アクシデント。平戸太貴にとっての開幕戦は、インパクトの強いゲームとなった。京都サンガF.C.はセットプレーの守備に難ありという弱点を見いだし、コーチングスタッフがその攻略法を授けていたからこそ、セットプレー2発からゴールを奪えたことに変わりはない。しかし、実際のゴールに結びつけるにはゴールに沈める者とゴールを決める者が必要だ。“金看板”である高精度のキックで2ゴールを導き出した平戸は、見事な勝利の立役者となった。

(残り 1089文字/全文: 1340文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題