【サッカー人気3位】AFCチャンピオンズリーグ2試合に先発…

「ゼルビアTimes」郡司聡

開幕2連勝発進!! J1昇格候補を飲み込んだストロングポイント【大宮アルディージャ戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第2節・3月4日(日)14:00キックオフ
町田市立陸上競技場/8,839人
FC町田ゼルビア 3-2 大宮アルディージャ
【得点者】町田/8分 深津康太、24分 鈴木孝司、79分 中島裕希 大宮/65分 ロビン・シモヴィッチ、67分 大前元紀

▼「相手のサッカーにハマってしまった」(大宮・茨田陽生)

前節の京都サンガF.C.戦で2-0の快勝を飾り、クラブ史上初となるJ2開幕戦勝利を果たしたFC町田ゼルビアが見据えていた次なるミッションは、昨年7月16日第23節・水戸ホーリーホック戦以来となるホームゲーム勝利。ホーム開幕戦の相手は、J1昇格の有力候補の一つである大宮アルディージャだった。リーグ初対決の前に、大宮が事前に描いていたプランは、サイドチェンジで町田のコンパクトな陣形を広げ、手薄なサイドを起点に攻めること。しかし、相手のそうしたプランニングを飲み込むほど、町田は開始早々からエンジン全開でプレッシングサッカーを展開した。

初めて町田と対峙した大宮のボランチ・茨田陽生は言う。

(残り 1981文字/全文: 2425文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック