【サッカー人気4位】【U-19日本代表】初日練習フォトレビ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】戸高弘貴「得点シーンは前からボールを奪うというチームのストロングポイントを表現できた」【モンテディオ山形戦/選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第4節・3月17日(土)14:00キックオフ
NDソフトスタジアム山形/7,732人
モンテディオ山形 2-2 FC町田ゼルビア
【得点者】山形/52分 アルヴェロ・ロドリゲス、83分 阪野豊史 町田/9分 戸高弘貴、89分 ドリアン・バブンスキー

 

【マッチサマリー】
開始早々の9分だった。茂木力也のビルドアップを引っ掛けた中村祐也が中島裕希にパスを通し、そのパスを受けた中島がゴール前に入り込んできた戸高弘貴へ狙いすましたパスを展開。戸高が滑り込みながら左足で押し込み町田が貴重な先制点を奪った。

しかし、後半は「後半勝負」(山形・茂木)を目論んでいた山形に押し込まれる展開が続く。チーム全体の運動量も低下し、コンパクトな陣形を維持することが難しくなると、セカンドボールワークでも劣勢を強いられた。52分には左サイドから攻撃を仕掛ける中で、奥山政幸がボールロストした展開からカウンターを食らい、最後はアルヴェロ・ロドリゲスに同点弾を浴びてしまう。そして終盤の83分にも連続したセットプレーの展開から阪野豊史に逆転弾を食らった。

ところが町田はタダでは転ばなかった。終了間際の89分、右サイドで戸高が得た直接FKを途中出場の森村昂太が左足で「ドリアン狙い」のキックを供給すると、ニアサイドに走り込んだドリアン・バブンスキーがヘディングシュートを叩き込み、土壇場で追いついた。今季初の逆転を許した町田だったが、終盤に粘り強く追いつき、勝ち点1を町田に持ち帰った。

■MF 32 戸高 弘貴
ーーまずはゴールシーンを振り返ってください。
「(中島)裕希さんが良いパスをくれたので、ゴールの枠に入れるように合わせるだけでした。アシストをしてくれた裕希さんに感謝です。得点シーンは前からボールを奪うというチームのストロングポイントを表現できました」

ーー後半は押し込まれる時間帯が長くなりましたが、どんなことを考えながらプレーしていましたか?
「攻める時間を作れないと相手が波に乗ってしまうなど、押される一方になってしまいます。攻めることで良い形を作れるような時間帯を増やす必要があったと思います」

ーー個人的な出来としては?
「ゴールを決められたことは良かったですが、コンディションもまだまだ向上の余地はあります。チームとしては結局は勝ち点3を取れなかったので、もっとゴールを奪えるように頑張ります」

ーーまた来週の水曜日にはホームでの松本山雅FC戦を控えています。次の試合に向けての意気込みを聞かせてください。
「勝ち点3を取るために、難しい時間帯でも点を取れるように迫力のあるプレーを出していきたいです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック