【サッカー人気4位】【ガンバうぉっち】”ハマのGT-R”を…

「ゼルビアTimes」郡司聡

執念の同点劇。その裏にある進化への壁【モンテディオ山形戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第4節・3月17日(土)14:00キックオフ
NDソフトスタジアム山形/7,732人
モンテディオ山形 2-2 FC町田ゼルビア
【得点者】山形/52分 アルヴェロ・ロドリゲス、83分 阪野豊史 町田/9分 戸高弘貴、89分 ドリアン・バブンスキー

▼[3-4-2-1]へ。布陣変更の意図

今季初のホームゲームを迎えたモンテディオ山形は、開幕3試合で継続してきた4バックからシステムを[3-4-2-1]に変更して町田戦に臨んできた。昨季の実績があるとはいえ、プレシーズンでは基本的に[4-4-2]や[4-3-3]を採用してきたチームにとっては、“ぶっつけ本番”の様相に近かったという。[3-4-2-1]を採用した意図を木山隆之監督は次のように話している。

(残り 2354文字/全文: 2681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック