【サッカー人気1位】荻原拓也が筑波大とのTMで随所に良さを…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】深津康太「状況に応じて選手を使い分けながら、みんなで取れた勝ち点1だった」【ツエーゲン金沢戦/選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第6節・3月25日(土)14:00キックオフ
石川県西部緑地公園陸上競技場/3,239人
ツエーゲン金沢 1-1 FC町田ゼルビア
【得点者】金沢/51分 垣田裕暉 町田/64分 大谷尚輝

 

【マッチサマリー】
3連戦ラストマッチは、今季初めて先制点を許す苦しい展開だった。

「連戦の3試合目でみんなの体が重そうだった」と深津康太が振り返ったように、立ち上がりからチーム全体の運動量が上がらず。町田はセカンドボールワークでもやや劣勢に立たされると、ホームのツエーゲン金沢に主導権を握られてしまう。0-0で迎えた51分にはセットプレー崩れの展開から沼田圭悟のクロスボールを垣田裕暉にヘディングで押し込まれてしまった。今季初めて先手を奪われる試合展開の中、チームのストロングポイントであるセットプレーでも6本のCKを獲得したが、この日はセットプレーからのゴールが遠かった。

しかし、今季のチーム目標を6位以内に据えている町田は逆境の中、追いついた。64分、カウンターの展開から平戸太貴のパスを受けた途中出場の杉森考起がドリブルで相手を引きつけ、フリーで右サイドを攻め上がってきた大谷尚輝へパスを通す。絶好のパスを受けた大谷は冷静にワントラップからグラウンダーのシュートを流し込んだ。

試合終盤は途中出場の酒井隆介がゴールライン上でシュートをクリアするなど、水際で踏ん張った町田が敵地・金沢から勝ち点1を持ち帰った。

■深津康太
ーー1試合欠場をして、今日が復帰戦となりました。どんなことを考えてピッチに立ちましたか?
「勝つ試合をすることが大前提でした。前節の松本山雅FC戦で良い形の結果を残せたので、その勝利を無駄にしないように、3連戦なのでみんなが疲れているだろうからみんなの分も走ろうという気持ちで臨んでいました。難しいゲームでしたが、アウェイで引き分けて町田に帰れるということは、悪くない結果だなと思います」

ーーチームメートの運動量の部分は、最終ラインから見ていていかがでしたか?
「ウチはハードワークをするチームなので、3試合目でみんなの体が重そうだなと見えましたが、それはほかのチームも変わらない、同じ条件です。大変なゲームにはなりましたが、先に失点をして、我慢して追いつけたことで、今年は6位以内を目指すシーズンであることの決意を示せたのかなと思っています」

ーー後半の中盤以降は、最終ラインを押し上げることは難しい状況でした。
「風の影響もありましたし、相手がやり方を変えてきて、SBからシンプルに背後を使ってくる形になったことで、ラインを押し上げることは難しかったです。ただ最後は体を張って守れました。こういう試合こそセットプレーで点を取れれば試合を楽に進められるのですが、僕のところで2回チャンスがあったので、一つでも仕留められれば良かったです。でもよく耐えて、前線の選手の頑張りもあって、点を取ることができたので、みんなに感謝しています」

ーー後半の途中からCBには酒井隆介選手が入りました。
「リュウは足が速いので、最終ラインを高くする上では助かりましたが、(藤井)航大が悪いという話ではなく、選手それぞれに特徴があります。3連戦なので、状況に応じて選手を使い分けながら、みんなで取れた勝ち点1だと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック