【サッカー人気4位】【嶋コラム】阿部要門の背中を押した山形…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】中村祐也「チームの勝利につながるゴールを決められたことが良かった」【水戸ホーリーホック戦/監督・選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第7節・4月1日(日)14:00キックオフ
ケーズデンキスタジアム水戸/4,717人
水戸ホーリーホック 0-1 FC町田ゼルビア
【得点者】町田/6分 中村祐也

 

【マッチサマリー】

苦しい試合展開を一発のセットプレーで粘り強く勝ち切った試合だった。

序盤の6分、FK→CK→CKが続いた展開の中で平戸太貴によるCKを中村祐也がヘディングで合わせて先制点を奪取。前後半ともに強風が吹き荒れる気象条件に苦しめられたが、守備陣が粘りの対応で水戸の攻撃を無失点でしのいだ。

後半に放ったシュートは途中出場のドリアン・バブンスキーによる1本のみ。「最後まで粘り強く戦った」(ロメロ・フランク)町田が3位・水戸を振り切り、開幕からの7戦無敗を維持。首位・ファジアーノ岡山に勝ち点1差で肉薄する勝ち点3を獲得した。

■中村祐也
ーー決勝点となりましたゴールシーンを振り返ってください。
「相手のマークが完璧についている状況ではなかったので、そんなに相手選手のことを気にせずにボールに合わせて動くこととゴール前に力強く入っていくこともできるように意識しながらゴール前へ入っていきました。あとは冷静にヘディングで合わせることができました」

ーーCKからの決勝点は今季初ゴールでもありました。
「時間がかかってしまったことでチームに貢献できていませんでした。一つ点を取って、チームの勝利につながるゴールを決められたことが良かったです。次の試合に向けて100%の状態で入れるように準備をしていきたいです」

ーー試合を振り返っていかがですか?
「チーム全体でチャンレンジする姿勢を保ちながら戦うことができました。ただ流れの中では前で時間を作ることができませんでした。ボールを収める時間も持ちつつ、自分たちが狙いとしている位置にボールを入れることができればもう少し最終ラインや守備陣が余裕のある試合運びをすることにつながるので、チーム全体でそういったことを意識してできるようにしたいです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック