【サッカー人気5位】【コラム】対応はコンバートか、補強か?…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】ドリアン・バブンスキー「自分のゴールで無敗を継続できてうれしい」【ロアッソ熊本戦/選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第8節・4月8日(日)14:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,727人
FC町田ゼルビア 2-2 ロアッソ熊本
【得点者】町田/73分 深津康太、90+4分 ドリアン・バブンスキー 熊本/24分 安柄俊、76分 皆川佑介

 

【マッチサマリー】

開幕から無敗街道を突き進む町田が、二度のビハインドをはね返し、開幕からの無敗記録を『8』へと伸ばした。

24分に最終ラインの背後を突かれる形から熊本の安柄俊に先制点を許した町田は0-1で推移していた74分にセットプレー崩れの展開から最後は深津康太が右足のダイレクトボレーを沈めて追いついた。

しかし、同点ゴールも束の間、直後の76分には黒木晃平のクロスボールから皆川佑介にヘディングシュートを決められてしまう。

1-2で迎えたアディショナルタイムの表示は3分。今季初の敗戦もチラつく中、町田が最後の最後で執念を見せた。迎えた90+4分。平戸太貴によるCK崩れの展開から最後は森村昂太のクロスボールに途中出場のドリアン・バブンスキーがヘディングで合わせて起死回生の同点ゴールを叩き込んだ。

「あの時間帯で追いつけるということは僕たちがあきらめていない証拠でもあると思う」(奥山政幸)

“負けない町田”は、今節も健在だった。

■ドリアン・バブンスキー
ーー素晴らしい同点ゴールでした。ゴールシーンを振り返ってください。
「初ゴールと同じ感覚でエキサイティングなゴールでした。1点を勝ち越されていて難しい状況でしたが、最後に自分のゴールで無敗を継続できたことをうれしく思っています」

ーー山形戦での初ゴールと同じように森村選手からのアシストで決めました。
「練習のときから彼は良いクロスボールを蹴っている選手ですし、練習の成果を披露できたゴールシーンだったと思います。僕とモリとのコンビネーションはかなり良い状態になっているなと思っています」

ーー今日のゴールでシーズン2点目となりました。このゴールを今後にどうつなげていきたいですか?
「出る試合でゴールを決めたいと思っていますし、前回も今回も引き分けにするゴールだったので、チームを勝たせるようなゴールを決めたいです」

ーー今日はオールバックのヘアスタイルですね。
「父(ボバン・バブンスキー)がこういう髪型だったので、コレにしました。自分の気分によって髪型は変えているんです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック