【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

「ゼルビアTimes」郡司聡

鈴木孝司/進化の“ロールモデル”【小野路便り】

▼メッシ、スアレス、そして……

法政大学の4年次にボランチからFWのポジションへコンバートされた鈴木孝司は、まだまだ成長途上。ヘディング、右足、左足と偏りのないゴールのパターンはオールラウンダー・ストライカーの名を欲しいままにしているが、ゴールを陥れる型は、多ければ多いに越したことはない。

(残り 654文字/全文: 798文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ