「町田日和」郡司聡

深津康太/ディフェンスリーダーを駆り立てる衝動【愛媛FC戦/コラム】

■明治安田生命J2リーグ第17節・6月2日(土)16:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,610人
FC町田ゼルビア 2-1 愛媛FC
【得点者】45分 中島裕希、84分 鈴木孝司(PK) 愛媛/37分 西田剛(PK)

▼決勝点のPK奪取

後半のアディショナルタイム表示の4分が過ぎ、夕刻の町田市立陸上競技場に勝利を告げる主審のホイッスルが鳴り響くと、深津康太はグラウンドに倒れ込むようにピッチに転がった。すぐに藤井航大が駆け寄り、つった足の応急処置を施す。

(残り 1139文字/全文: 1359文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ