「町田日和」郡司聡

ハードワークの結集。雨中のタフバトルを制す【徳島ヴォルティス戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第17節・6月2日(土)16:00キックオフ
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム/3,615人
徳島ヴォルティス 1-2 FC町田ゼルビア
【得点者】徳島/35分 島屋八徳 町田/17分 中島裕希、48分 吉濱遼平

▼敵地で披露した真骨頂

天皇杯2回戦・ファジアーノ岡山戦を挟んだ3連戦のラストマッチとなった敵地での徳島ヴォルティス戦は、深津康太や中島裕希ら、センターラインの中心選手が先発のピッチに並んだ。最終ラインは左SBに下坂晃城が天皇杯に続いて、左SBに下坂晃城がリーグ戦初先発を果たし、奥山政幸は岡山戦に続いて右SBにステイ。大谷尚輝も岡山戦に続き3試合連続でCBのポジションに入った。この日の先発メンバーは、チームの競争力がさらに高まっていることを証明するかのような顔触れだった。

(残り 1447文字/全文: 1801文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ