【サッカーパック人気5位】 【Jクラブ戦術フォーカス】ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズ、横浜F・マ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】下坂晃城「セットプレーで一度は良いボールがきていたので、今日もくるのかなと思っていた」【京都サンガF.C.戦/選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第25節・7月25日(水)19:00キックオフ
町田市立陸上競技場/2,549人
FC町田ゼルビア 2-1 京都サンガF.C.
【得点者】町田/5分 土居柊太、84分 下坂晃城 京都/71分 レンゾ・ロペス

 

【マッチサマリー】

ホーム連戦を戦った町田が、粘る最下位の京都を2-1で振り切り、3連勝を飾った。

開始直後の5分、平戸太貴によるCKの展開から最後は土居柊太が右足を振り抜き先制点を奪取。しかし、追加点を奪えずにいると、後半の布陣変更で盛り返した京都に一度は追いつかれてしまう。

ベンチメンバーに攻撃的な駒が不足している苦しいチーム事情だったが、町田には伝家の宝刀があった。終盤の84分、平戸のCKに下坂晃城がヘディングで合わせて、決勝点をもぎ取った。

「誰が点を取るか分からないというのは相手にとっても怖いことだし、それがウチの強さ」と決勝点の下坂。土居と下坂による二つのJ初ゴールがチームを3連勝に導いた。

■下坂晃城
ーー決勝点となったゴールシーンを振り返ってください。
「これまでの試合でもセットプレーで一度は良いボールがきていたので、今日もくるのかなと思っていました。ゴールシーンは背の小さい選手がマークについていたので、余計にいけるかなと思っていたら、すごく良いボールがきました。ゲームの流れの中で点を取れなかったので、セットプレーで点を取るのはウチのチームのストロングポイントですし、ストロングポイントを発揮して点を取れて良かったです」

ーー流れの中での自分のプレーについてはどう感じていますか?
「まだ前に行き切れていないですね。今日は相手が1トップだったので、僕が前にもっと出て行って、サイドの選手を後ろ向きにプレーさせる回数を増やせればある程度相手のサイドの推進力もなくなりますし、そういうプレーをもっとできれば良かったです」

ーー前節の金沢戦では下坂選手のボールカットが得点につながり、今日は決勝点と、2試合良い状況が続いていますね。チームとしても日替わりヒーローが出るような状況が続いています。
「誰が点を取るか分からないというのは相手にとっても怖いことだと思いますし、それがウチの強さだと思います。でもこの結果に一喜一憂せずに頑張ります」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック