【サッカー人気1位】【SBGニュース】『来季の新監督は近日…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】井上裕大「とにかく今日の教訓を生かしていきたい」【ジェフユナイテッド千葉戦/選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第28節・8月12日(日)19:00キックオフ
町田市立陸上競技場/5,075人
FC町田ゼルビア 3-3 ジェフユナイテッド千葉
【得点者】町田/25分 オウンゴール、45分 平戸太貴、64分 平戸太貴 千葉/75分 指宿洋史、79分 船山貴之、83分 船山貴之(すべてPK)

 

【マッチサマリー】
25分にFKの展開から森村昂太がオウンゴールを誘発し、先制した町田は前半終了間際の45分に平戸太貴が追加点を奪取。64分にも左サイドで人が湧き出るような攻撃から、再び平戸が決めて、スコアは3-0となった。しかし、アウェイチームの千葉は3点ビハインドの展開から怒涛の反撃を披露した。

後半開始からピッチに立った矢田旭に右サイドを侵略されると、61分に投入された指宿洋史には最終ラインの背後を狙われた。「指宿がパワーを持って入ってきたことが大きかった」と千葉の佐藤優也が振り返ったように、積極果敢な指宿にかき回される中、75分にCKの展開から奥山政幸のハンドでPKを献上。そして押し込まれた町田は79分と83分にも連続してPKを決められてしまう。

快勝ムードから一転、試合は乱戦の末に3-3のドローで終了。試合後の相馬直樹監督は「ちょっとした流れから追いつかれて勝ち点2を失うゲームになってしまった」と話し、勝利につながらなかった無念さをにじませた。

■井上裕大
ーー結果的には追いつかれましたが、チームとしての強さを見せることもできたのでは?
「チームとしてやるべきことを徹底できることが強みですし、それが自分たちのスタイルです。その中でタイキ(平戸)がゴールを決めたり、点を取れていることはポジティブな材料なので、それは続けていくべきことかなと思っています。とにかく今日の教訓を生かしていきたいです」

ーーその教訓になったこととは、具体的にはどんなことですか?
「(2失点目につながるPKまでの流れは)スライドが遅れたことが原因の一つですし、結果的には(深津)康太さんが倒してしまう形になりましたが、結局はカバーがいたのか、という問題もあります。失点は後ろだけの問題ではなく、中盤も含めて、チーム全体が関わってくることです。3点差があったことで勝っていることの甘さが出た可能性もありますし、3点を取っているからとはいえ、出してはいけない甘さでした」

ーー次は首位の松本との対戦ですし、楽しみな部分も多いですね。
「相手は連勝中で勢いに乗っているでしょうし、良い雰囲気で試合をすることができると思うので楽しみです。あの(アルウィンの)雰囲気で自分たちがどれだけできるのか、それが試されます。チーム一丸となって戦っていきたいです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ