0‐7の処方箋(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

チームの総合力と修正力を発揮。“スクランブル態勢”の大一番を勝ち切る【大分トリニータ戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第37節・10月14日(日)15:00キックオフ
町田市立陸上競技場/5,161人
FC町田ゼルビア 3-2 大分トリニータ
【得点者】町田/16分 ロメロ・フランク、43分 中島裕希、63分 ロメロ・フランク 大分/26分 小手川宏基、32分 馬場賢治

▼ハーフタイムの修正につなげた前半の奮闘

戦前の暫定首位だった大分トリニータをホーム野津田に迎撃する今節のゲームは、町田にとって、“スクランブル態勢”の一戦に等しかった。

(残り 2140文字/全文: 2352文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ