【サッカー人気2位】カテゴリーを越えた地域分割案はありうる…

「ゼルビアTimes」郡司聡

残留に燃える讃岐の牙城を崩し切れず。町田を追い込んだ攻略法・プランB【カマタマーレ讃岐戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第35節・10月31日(水)19:00キックオフ
Pikaraスタジアム/1,780人
カマタマーレ讃岐 1-1 FC町田ゼルビア
【得点者】讃岐/67分 佐々木匠 町田/85分 土居柊太

▼極端な2トップの位置取り

ホームでの前回対戦ではウイングバックを置かない奇抜な[3-4-3]で挑んできたカマタマーレ讃岐だったが、今回の讃岐は町田と同様の[4-4-2]を採用。一見、ミラーゲームを挑んできたかに見えた。

(残り 2126文字/全文: 2333文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック