【サッカー人気5位】【練習試合:名古屋vs横浜FC】レビュ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】勝手に『野津田満員計画』支援プロジェクト「それぞれの東京クラシック第1ラウンド」/奥山政幸の場合【短期集中連載】

J2制覇の可能性を残して迎える17日、ホーム・町田市立陸上競技場での東京ヴェルディ戦。ホームの町田はJ2制覇が、アウェイのヴェルディはJ1参入プレーオフ圏確保が掛かったビッグゲームである。そんなホーム最終戦を前に、クラブは『野津田満員計画』を立ち上げた。観戦チケットは、席種によっては、完売も出始めている。1万人の来場者数実現に向けた、あとひと押しへーー。そのためのバックアップ企画が『短期集中連載・それぞれの東京クラシック第1ラウンド』である。

▼『野津田満員計画』リンク先▼
http://www.zelvia.co.jp/news/news-132446/

 

■明治安田生命J2リーグ第42節・11月17日(土)14:00キックオフ
町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア vs 東京ヴェルディ

▼サポーターの背中を押したスルーパス

4-1の大勝を収めた前回対戦の東京ヴェルディ戦は、奥山政幸本人曰く、今季最高のパフォーマンスに匹敵する出来だったという。

「あの試合はすごく覚えています。個人的には守備のパフォーマンスでも、今季一番の出来と言っても過言ではなかったです」

鮮烈なインパクトを残したのが、吉濱遼平によるチーム3点目を演出したスルーパス。「あんなにきれいなアシストはなかなかない」と本人は振り返ったが、あのスルーパス一発で背番号2のユニフォーム購入を即決したサポーターがいるほど、インパクトのあるワンシーンだった。

「あのパスだけでユニフォーム購入まで決断していただけるなんて、すごくありがたいですね」

そう言って、奥山は笑顔をのぞかせた。

前回対戦同様の、いやそれ以上のベストパフォーマンスが期待される最終節のヴェルディ戦。J2制覇の可能性を残したことに対して、わずかプロキャリア3年目の奥山は、これ以上ない幸せを実感している。

「こういう優勝が懸かった状況で戦えるのはJ2で4チームだけですし、選手キャリアの中でもこのようなシチュエーションは、なかなかない機会ですから純粋に楽しみたいですね。目の前の一戦に勝つというスタンスは、普段となんら変わらないことですし、結果はあとからついてくることです。勝って良い報せを聞ければいいなと思います」

前回対戦ではヴェルディ相手に勇躍したものの、さすがに相手もプレーオフ進出が懸かっている状況だけに「前回ほどの緩さはないでしょう」と言い切る。ともに目標は違えど、最後に目にする景色は、目標のそれがいいに決まっている。さらに奥山本人の口からは、「相手はプレーオフが懸かっていて、ウチは優勝が懸かっている。こちらのほうが強い気持ちで試合に臨めますよ」と頼もしい言葉も聞こえてきた。

もちろん、必要以上に気負うこともなく、過緊張に陥ることもない。

「一戦一戦積み上げてきたことでこの場所を勝ち得ていることは分かっています」

目の前の相手を倒すことだけに注力してきた41試合。“一戦必勝”を貫いた先に、目にしたかった景色がある。それだけを信じて、奥山は野津田の戦場へと向かう。

Photo&Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック