本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】勝手に『野津田満員計画』支援プロジェクト「それぞれの東京クラシック第1ラウンド」/平戸太貴の場合【短期集中連載】

J2制覇の可能性を残して迎える17日、ホーム・町田市立陸上競技場での東京ヴェルディ戦。ホームの町田はJ2制覇が、アウェイのヴェルディはJ1参入プレーオフ圏確保が掛かったビッグゲームである。そんなホーム最終戦を前に、クラブは『野津田満員計画』を立ち上げた。観戦チケットは、席種によっては、完売も出始めている。1万人の来場者数実現に向けた、あとひと押しへーー。そのためのバックアップ企画が『短期集中連載・それぞれの東京クラシック第1ラウンド』である。

▼『野津田満員計画』リンク先▼
http://www.zelvia.co.jp/news/news-132446/

■明治安田生命J2リーグ第42節・11月17日(土)14:00キックオフ
町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア vs 東京ヴェルディ

▼共闘の呼びかけ

リーグ最終節を前に8ゴール17アシストを記録している平戸太貴にとって、東京クラシック第1ラウンドは後半からの途中出場だった。3-1のスコアで出場し、プレー時間は約20分。大きなインパクトを残せたとは言いがたい。しかし、J2制覇の懸かった今季の最終節では、よほどのことがない限り、先発メンバーから外れることはないだろう。仮にサイドハーフで出番を得るとなれば、幅と奥行きを使った展開を狙ってくる東京ヴェルディが相手のことだ。ワイドに振られた際のスライドなど、その分仕事は多くなる。

「サイドでボールを奪い切れるように制限しながら、チームとしてボールを奪える形を作っていきたいですし、まずは守備での役割を果たしたい。チームとして戦った上で、アシストやゴールなど、個人的な結果を残して勝てればうれしいですね」

2015年の高円宮杯U-18サッカーリーグチャンピオンシップ制覇など、平戸は鹿島アントラーズユース在籍時代に高校年代の大会で優勝経験を有している。もちろん、プロのゲームと単純に比較することはできないが、タイトルの懸かったビッグゲームでも、「そんなに気負うことなく、試合に臨めるタイプ」だという。緊張感の漂うゲームでも、平戸は平常心で臨めるはずだ。

町田2年目のシーズン、ラストマッチを前に、平戸はこう言った。

「僕たちは優勝争いをしているので、非常に面白いゲームになると思います。勝てば何かが起こるゲームなので、ぜひ見に来てください。そして見に来てくださった方々が何かを感じ取ってもらえるような試合をしていきたい」

2018シーズンは、京都サンガF.C.とのオープニングマッチでセットプレーから2アシストを記録し、始まった。最もアシスト王に近い位置にいる平戸は、二ケタ得点まであと2つ。「常にゴールもアシストも狙っている」8番が、“シーズンダブル”を記録した時、きっと町田は最良の結果を得ているに違いない。

Photo&Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック