【サッカー人気4位】【トピックス】短期集中連載『永井秀樹、…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】クラブ首脳陣が石阪町田市長を表敬訪問。「みなさんに話題にしていただいた1年だったと、あらためて感じる時間になった」(相馬監督)【コラム】

ーー石阪市長のほうから「来年は飛躍する条件が整う」といったお話がありました。その話を聞いた上で、監督としてはどんな思いでしょうか?
「いまの段階ではオフに入っていて、ゆっくりしている部分もありますが、目標の設定に関してはきちんと話さなければならないなと思っています。(J1ライセンス取得に向けた状況など)形にはなってきているので、それをなんとか結果につなげていきたいです」

ーー来季の指揮に関して、引き受けた理由は優勝に届かなかったから、なのでしょうか?
「ここまで積み上げてきたものがどうなっていくか、それを自分自身の目で確かめていきたかったからです」

ーー町田市民に向けて、メッセージをお願いいたします。
「2018年は『もっと町田の笑顔のために』というキャッチフレーズで戦ってきました。今季はホームで勝つ機会も多かったと思いますが、ゼルビアをそういう存在として見ていただきたいですし、そう思っていただけるようにこれからもやっていきたいです。サッカーをやっている人たちがいるな、ということではなく、ゼルビアを通して、笑顔になっていただければと思います。J1へ向けて戦っているから、というだけではなく、町田にゼルビアがあって良かったと思ってもらえるように、これからも頑張っていきたいと思います」

前のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック