今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】2019シーズン新体制発表会を実施。夢のJ1へーー。それぞれの覚悟

▼キーワードは“三位一体”

沖縄での一次キャンプを2日後に控えた町田は1月19日、町田市内のホテルで2019シーズン新体制発表会を実施した。新体制発表会には相馬直樹監督や9名の新加入選手、そして期限付き移籍から完全移籍への移行や期限付き移籍期間を延長して残留した3選手(酒井隆介、下坂晃城、山内寛史)も参加した。

新体制発表会の途中には新加入選手の挨拶や唐井直GMによる2019シーズンの方針、そして相馬直樹監督が決意を表明し、約1時間15分で終了した。今回のレポートでは、いくつかポイントを絞って、新体制発表会の一部始終をお伝えする。

 

【選手たちの決意表明】

◼︎DF 4 山田将之
「みなさんなりに考えて」

司会者の和田翼スタジアムDJから「呼んでほしいニックネーム」を問われると、「苗字のヤマは山内選手と被るし、下の名前のマサは奥山選手と被ってしまうので、みなさんなりに考えてほしい」とリクエスト。それを聞いた場内のファン・サポーターからは大きな笑いが起きていた。

◼︎FW 9 富樫敬真
「どうしよう…」

横浜F・マリノスから完全移籍で加入した富樫敬真は、「自分のストロングポイントはハードワークだと思っていたのですが、始動から1週間が経ってみんながハードワークできるので、どうしようかと困っています」とコメント。それでも、負けず嫌いのキャラが発動したのか、「みんなに負けずに一番ハードワークする方向で頑張ることをみなさんに約束します」と宣言していた。

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック