今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

金珍洙(全北現代)/左足の破壊力は健在の“ベビーフェイス”「また新潟へ旅行にも行きますね」【アジアのミックスゾーンにて/コラム】

■AFCチャンピオンズリーグ2019 Gグループ第3節
4月9日(火)19:30キックオフ
埼玉スタジアム2002/20,118人
浦和レッズ 0-1 全北現代(韓国)
【得点者】全北/77分 アドリアーノ

▼「1年でも早いJ1復帰を」

かつてアルビレックス新潟の左サイドを沸かせたベビーフェイスの韓国人選手・金珍洙(キム・ジンス)を覚えているだろうか。2012から14シーズンの夏まで新潟に在籍し、左SBの主力選手として活躍。新潟でも確固たる地位を築いた金珍洙は、14年の夏の移籍市場でドイツのホッフェンハイムに移籍し、現在は韓国Kリーグの全北現代でプレーしている。

(残り 1352文字/全文: 1626文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック