今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】こどもの日は、町田へGO! 子どもの頃の写真でメンバー紹介!!【小野路便り】

■明治安田生命J2リーグ第12節・5月5日(日・祝)15:00キックオフ
町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア vs 水戸ホーリーホック

▼相馬直樹監督の少年時代の1枚も登場

「ミニスカートの日」には、スカート着用の来場者を無料招待し、「女子大生の日」には“エスコート女子大生”を展開してきた町田のホームゲーム。限られた予算の中でいかにライト層の関心を高めるか。それを毎ホームゲームで追求している“企画の町田”が、5月5日「子どもの日」に新機軸の企画を打ち出す。

その企画とは、14:05頃からの登録全選手紹介や、14:50頃からのメンバー発表で、相馬直樹監督を含め、選手たちの子どもの頃の写真を大型ビジョンに写して選手紹介を実施するというもの。クラブスタッフが「こどもの日に開催されるホームゲームでぜひ実現したかった」と話したように、今回の企画実現はクラブにとっても“積年の悲願”だった。

直近の琉球戦でゴールを奪っているロメロ・フランクは、小学校4年生の頃の兄との写真をチョイス。兄を真似たワンシーンが収められているカットとのことで、フランク少年の表情に注目が集まる。

FC東京からの期限付き移籍でプレーしているCB山田将之も、兄との1枚を選択。チーム内でも藤井航大に次ぐ高身長である山田は「身長順では常に後ろのほうだったけど、僕にもかわいい頃があったんです」と主張した。少年期の写真は引っ越しにともない、大半を処分してしまったため、希少な中から選ばれた“珠玉の一枚”はどんな写真なのだろうか。

横浜F・マリノスとFC東京でプレーしていた富樫敬真は、「写真の頃からプロを目指していたし、その時の写真なので感慨深い1枚」と話し、FC東京の下部組織出身である森村昂太は、「普通で面白くない写真ばかりだろうから、僕のはもう期待してもらえれば」と不敵に笑みを浮かべた。

“相馬少年”の写真も披露されるメンバー紹介は、他クラブのサポーターも必見。ぜひその目で確かめに、5月5日こどもの日は、町田市立陸上競技場にお越しください。

Photo&Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)

実はニューへアスタイルにも注目なロメロ・フランク

 

「僕にだって、かわいい頃が……」と山田将之

 

「駒林SCの少年たちにも届いたら」と富樫敬真

 

森村昂太は自信作の1枚らしい
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック