本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

一時は逆転も、悔しいドロー。勝ち切れないジレンマに抗う選手たちの意思【京都サンガF.C.戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第14節・5月19日(日)16:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,625人
FC町田ゼルビア 2-2 京都サンガF.C.
【得点者】町田/4分 大谷尚輝、66分 ロメロ・フランク 京都/1分 一美和成、82分 仙頭啓矢

▼思うに任せない前半のメンタリティー

開始1分、京都サンガF.C.安藤淳のロングフィードが町田の最終ラインの背後へ供給されると、大谷尚輝が一美和成に対応するも入れ替わられる形になった。一美にGK増田卓也との1対1を制され、開始直後に浴びた先制パンチ。しかし、挽回のチャンスは、すぐにやってきた。

(残り 2618文字/全文: 2878文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック