【サッカーパック人気2位】 クラブ名を変えようとするオーナーは敵か味方か Jリーグがビジネス至上主…

「ゼルビアTimes」郡司聡

戸高弘貴/大分トリニータU-15から静岡学園へ。地元・大分を飛び出した理由【シリーズインタビュー/ザ・ルーツ(前編)】

『ゼルビアTimes』の人気インタビューシリーズ『ザ・ルーツ 〜ボクたちの履歴書〜』に戸高弘貴選手が登場。前・後編2回シリーズの前編は、サッカーを始めた少年時代から学生時代までを振り返ります。小兵アタッカー誕生秘話をどうぞ。

▼キックフェイントが武器だった少年時代

小さい頃の戸高少年は、外で遊ぶのが基本。母親がどちらかと言うと、厳しい親でゲームは1日15分しかやらせてもらえませんでした。ゲームを始めて15分が経つと、強制的に電源を切られるんです(笑)。だから、全然進まなかったです。そうなれば外で遊ぶしかありません。サッカーはもちろんのこと、鬼ごっこ、缶蹴り、ケイドロ、昆虫採集……割とアクティブでしたね。砂で団子を作って、水でテカテカにしたり(笑)。

(残り 2552文字/全文: 2877文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック