Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

相馬直樹監督「今できていることを、より良くすることで実際の結果につなげられるようにしていきたい」+福岡・久藤清一監督、松田力、森本貴幸、木戸皓貴、菊地直哉【アビスパ福岡戦/監督・選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第22節・7月14日(日)18:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,017人
FC町田ゼルビア 0-2 アビスパ福岡
【得点者】福岡/34分 松田力、51分 木戸皓貴

◼︎相馬直樹監督(町田)
――まずは試合の総括をお願いいたします。
「こういう雨が降る気候の下、そして少しチームの勢いがなかなかない中でしたが、スタジアムに入る段階からサポーターのみなさんにはパワーをいただきました。ただ結果としては非常にもったいない、申し訳ない、そういう結果になってしまったと思っています。本当にこういう中でも集まってくださった方々に感謝の思いを結果でお応えしたかったのですが、そうならなかったことは非常に残念に思っています。

ゲームについては、前節の山口戦は完敗だったという話を会見でもさせてもらいましたが、もっと自分たちで意図的にボールを動かすということをやりながら攻めないと、この前のようなカウンターを食らう形になるということを選手たちに話してきた中で1週間トライしてきました。それプラス、戦う部分や相手よりも走ることにも取り組んできました。後半戦のスタートになるため、選手たちには気持ちを切り替えて入ってもらおうとピッチに立ってもらいました。

 

実際の試合はそういった狙いを出しながら、そして攻撃の形も作りながらできていましたが、1本の入れ替わる形から作られたピンチを増田が防いでくれました。ただそこから自分たちで勇気を持ってボールを動かすことができなくなってしまいました。そのあたりが課題となりました。その中でセットプレーからリードをされたことで、相手は引き込んでカウンターという形になりました。そこで崩し切れずに、われわれからすれば、後ろで奪われる形から追加点を取られました。

福岡さんからすれば、狙ったとおりの展開になったのかなと。われわれとしては、前節よりも戦う部分や走る部分はできていましたが、攻撃の部分で勇気を持つことが必要です。それができないと、結果的に相手に攻撃を許すような形になってしまいます。前節よりは前進していますが、負けたという事実はあります。とはいえ、しっかりと顔を上げて、残り20試合ありますが、気持ちを切り替えていきたいなと思っています」

 

――前の試合に続いて攻撃陣の入れ替えがかなり早かったですが、試合展開も当然あると思います。攻撃陣のバランスや組み合わせた時のハマり方といったものは、まだこれだと定まっていないのかなと思っています。そのあたりのことを監督はどう思っていらっしゃいますか?
「実際にそうであると思っていますし、ゲームごとに多少パフォーマンスの部分で、はまる、はまらないといったことはあるとは思っています。出し手、受け手と考えた中で、なかなか出し手のところで良い選択が実際にできていないというのは、一つ攻撃の部分ではポイントになってくるのかなと思っています。

そこで出し手が良いリズムの時は、攻撃でもリズムが取れていると思うのですが、特に今日の終盤の時間帯はそうですが、徐々に相手が引いてくる中で、持って探して持って探してという形が少し続くようになっていました。その都度、反対に動けなくなってしまい、人が被るような形が終盤にあったかなとは思っています。

そういったことも含めて、また見ていかないといけないと思いますが、ただそんなにたくさんのことをできるわけではないと思いますので、今できていることをしっかりと、より良くすることで実際に結果につなげていけるようにしたいと思います。また、自分たちの時間帯の中から、相手にチャンスを与えてしまっていることをもう一度見直すことを含めて、しっかりとやっていきたいなと思います」

 

◼︎久藤清一監督(福岡)
――まずは試合の総括をお願いいたします。
「たくさんのサポーターが町田まで駆けつけてくれる中で、勝ち点3をプレゼントできたことをうれしく思います。町田のスタイルで戦ってくる中、狙っていたカウンターで点を取れましたし、良かった部分はたくさんあります。もっとチャンスを決められれば良かったので、それは今後の課題ではあります。ただ勝てたことが大きいです。後半は相手に押し込まれた中でハードワークをしてくれましたし、最後の場面で選手たちがすごく体を張ってくれたことに感謝したいと思います」

 

――今日のゲームに臨むにあたってのポイントは?
「ボールを奪えた時にシャドーが前へ飛び出してカウンターをできるか。また奪った時はウイングバックも出て行こうと狙っていましたが、そういったことをしっかりと表現できていたことでカウンターを仕掛けることができました」

(残り 2786文字/全文: 4713文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック