都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

一時逆転も無念の敗戦。今後の指針のヒントとなる相手主将が残した言葉【ツエーゲン金沢戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第27節・8月10日(土)19:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,878人
FC町田ゼルビア 2-3 ツエーゲン金沢
【得点者】町田/22分 土居柊太、45+3分 富樫敬真 金沢/16分 廣井友信、65分 加藤大樹、89分 山本義道

▼互いを知り尽くした者同士の激突

二度目の監督就任から6年目を迎える町田の相馬直樹監督と、ツエーゲン金沢を率いて3年目に突入した柳下正明監督。ともに“ブレない”哲学を有する指揮官に率いられたチーム同士の対戦は、「相手の強みも弱みも分かっている中で、それをどちらが突いていけるかという試合」(金沢・廣井友信)だった。

(残り 3268文字/全文: 3544文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック