都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

勝ち点3差の“真っ向勝負”。焦点はセットプレーを巡る攻防【栃木SC戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第28節・8月17日(土)18:00キックオフ
栃木県グリーンスタジアム
栃木SC vs FC町田ゼルビア

▼「苦手意識を克服していきたい」(奥山政幸)

前節、ホーム野津田でのツエーゲン金沢戦は、前半折り返しの時点で一度逆転にまで持ち込んだものの、セットプレー2発で金沢に逆転を許し、2-3で“シーソーゲーム”に屈する形となった。今節対戦する栃木SCが首位の京都サンガF.C.相手に2-2のドローに持ち込んだことで、栃木との勝ち点差は『3』。他会場を含めた結果次第では、J3降格圏にまで落ち込む可能性も出てきた。金沢戦後、エースの中島裕希はこう言っていた。

(残り 1213文字/全文: 1497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック