【サッカーパック人気3位】 絶体絶命の全緑軍団、攻撃重視の必勝態勢で3ポイントを狙う【J2第41節…

「ゼルビアTimes」郡司聡

後半の修正策は奏功も……。シーズン目標がついえる無念の敗戦【V・ファーレン長崎戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第35節・10月5日(土)18:00キックオフ
トランスコスモススタジアム長崎/6,767人
V・ファーレン長崎 3-2 FC町田ゼルビア
【得点者】長崎/9分 呉屋大翔、53分 大竹洋平、88分 大竹洋平 町田/51分 平戸太貴、64分 ジョン・チュングン

▼勝負の一戦に臨むそれぞれの決意

敵地でのV・ファーレン長崎戦は、ある意味、勝負の一戦だった。引き分け以下の結果で6位以内の可能性は消滅。それはシーズン目標に掲げた「J1昇格」という可能性がついえることを意味していた。

(残り 3801文字/全文: 4039文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック