【サッカーパック人気5位】 ユース所属の池田航、松田詠太郎、ブラウンノア賢信のトップチーム昇格に「…

「ゼルビアTimes」郡司聡

攻め切れぬ“歯がゆさ”が募るスコアレス。試合後の頼もしき19歳の言葉【鹿児島ユナイテッドFC戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第36節・10月13日(日)17:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,009人
FC町田ゼルビア 0-0 鹿児島ユナイテッドFC

▼前回対戦とは別チームだった鹿児島

前節のアルビレックス新潟戦で0-6の大敗を喫した鹿児島ユナイテッドFCは、現在5連敗中と、さすがに背に腹はかえられなかったのだろうか。J2初年度のシーズンを戦う鹿児島は、金鍾成督率いるチームらしく、攻め切ることで残留争いを勝ち抜こうとしているかと思われたが、町田戦の鹿児島は、意外にも守備に重心を置く姿勢で臨んできた。金鍾成監督が言う。

(残り 2539文字/全文: 2798文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック