【サッカー人気3位】「J1との練習試合を繰り返した経験は水…

「ゼルビアTimes」郡司聡

深津康太/新体制で追求するプレー精度。新チームでもブレない“中心軸”【短期集中連載/新たなチームスタイルとの出会い。もがく男たち】

相馬直樹前監督から、指揮権のバトンを受けたランコ・ポポヴィッチ監督は言った。「ここまで習慣化していることがありますから、まずはそれを取り払ってやっていくには時間が掛かるでしょう」。それもそうだろう。第二次相馬体制は6シーズン続き、特徴的なチームスタイルを実践してきた選手たちは“180度”違う新たなチームスタイルに慣れるまで時間が掛かるのも無理はない。開幕までの短期集中連載【新たなチームスタイルとの出会い。もがく男たち】は、新たなチームスタイルに順応しようと奮闘する選手たちのショートストーリー。

(残り 1050文字/全文: 1299文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック