観衆508人の衝撃(J論)

「ゼルビアTimes」郡司聡

拮抗した梅雨時のタフバトル。勝ち切るための有効な手段は?【モンテディオ山形戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第3節・7月4日(土)19:00キックオフ
町田GIONスタジアム
FC町田ゼルビア 0−0 モンテディオ山形

▼次第に主導権が移行した前半

後方からのビルドアップと右サイドでコンビを組んだシャドーの渡邊凌磨、ウイングバック末吉塁によるコンビネーションプレーで相手ゴールに迫ったモンテディオ山形。そんなアウェイチームの出方に対して、ホームの町田は従来の中央を閉じながらコンパクトな3ラインを構築し、前から相手をハメ込む意思を見せながら時計の針を進めた。

(残り 2506文字/全文: 2738文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック