【サッカー人気2位】【追伸、森保監督】私のことは嫌いになっ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

維新の屈辱を晴らす快勝。その裏側に隠された“ポポヴィッチ・イズム”【レノファ山口FC戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第14節・8月22日(土)19:00キックオフ
維新みらいふスタジアム/1,551人
レノファ山口FC 0-2 FC町田ゼルビア
【得点者】町田/14分 小田逸稀、51分 平戸太貴

▼深津康太の有効なアプローチ

2−0のスコアで6試合ぶりの勝利を告げるホイッスルが鳴り響くと、古巣戦を戦った奥山政幸は、パン!パン!と両手を叩き喜びを表現した。さらに試合後、スタンドに挨拶をする整列の最後尾にいた深津康太と秋元陽太は、無失点勝利を労うようにお互いの健闘を称え合う。

(残り 4537文字/全文: 4771文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ