【サッカー人気5位】ひと回りもふた回りも成長したオビ・パウ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

紙一重の差を分けたアプローチの数と質。セカンドステップという分厚い壁【アビスパ福岡戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第19節
9月13日(日)18:00キックオフ
ベスト電器スタジアム/2,539人
アビスパ福岡 2−1 FC町田ゼルビア
【得点者】福岡/14分 オウンゴール、43分 フアンマ・デルガド 町田/30分 水本裕貴

▼7試合ぶりの先制点被弾

14分、町田はアビスパ福岡・松本泰志からのフィードで右サイド深くのスペースを木戸皓貴に突かれると、木戸のボールキープからボールを預かった鈴木惇にゴール前へクロスボールを供給された。ニアサイドで深津康太と東家聡樹が競り合い、流れてきたボールを水本裕貴は足でクリアし切れず。手を伸ばして阻もうとした秋元陽太の右手も及ばなかった。水本のクリアボールがそのままゴールイン。「ニアサイドで競り合いがある中でボールが見えなかった」水本としては難しい対応だった。

(残り 4259文字/全文: 4603文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック