【サッカー人気3位】【西部謙司の移籍通信簿】川崎F&ガンバ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

首位相手のチャレンジマッチ。真っ向勝負を挑むチームのテンション【徳島ヴォルティス戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第36節
11月25日(水)19:00キックオフ
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス vs FC町田ゼルビア

なるか、首位撃破

▼指揮官の言葉に滲む悔しさと自信

今節対戦する徳島ヴォルティスについて話が及ぶと、ランコ・ポポヴィッチ監督は熱い言葉の数々を口にした。ホームでの前回対戦は水本裕貴のミスパスを奪われる形からの“高速カウンター”一発に沈み惜敗。よほどその悔しさが残っているのだろう。熱弁にもより一層力がこもり、この一戦に懸ける思いが伝わってきた。

(残り 1840文字/全文: 2087文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック