【サッカー人気1位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「ゼルビアTimes」郡司聡

試合巧者に屈した完敗。対戦相手が実感していた崩せる予兆とは【徳島ヴォルティス戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第36節
11月25日(水)19:00キックオフ
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム/2,349人
徳島ヴォルティス 3−0 FC町田ゼルビア
【得点者】徳島/54分 岸本武流、58分 西谷和希、90+1分 河田篤秀

▼ポゼッション自慢を相手に選択したアプローチ

意気揚々と首位チームの庭まで乗り込んだものの、終わってみれば、結果は0−3の敗戦。前半終了間際に吉尾海夏が2枚目の警告を受けて退場処分となり、「厳しい状況になった」(髙江麗央)数的不利の後半にセットプレーなどの形から3失点を喫した。「数的不利が影響を受けない状況」(ランコ・ポポヴィッチ監督)でのセットプレーからの失点にもったいなかったと見る向きはあるだろうし、後半も11対11の状況で首位チームと対峙したかった。それがチームの本音だろう。

(残り 3864文字/全文: 4224文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック