【サッカー人気1位】首位相手の悔しい逆転負け。勇戦の先に見…

「ゼルビアTimes」郡司聡

敗因はイージーミスなのか。ナーバスな心理状態のバックグラウンド【ザスパクサツ群馬戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第37節
11月29日(日)16:00キックオフ
町田GIONスタジアム/1,116人
FC町田ゼルビア 0−3 ザスパクサツ群馬
【得点者】群馬/35分 林陵平(PK)、75分 宮阪政樹、79分 大前元紀

▼町田のプレッシャーを回避した群馬の使い分け

42試合の長丁場であるシーズンも、ここまで36節を消化。どんな形であれば、そのチームが最も力を発揮するのか。これだけスカウティングが進化した時代である。ひとしきり各チームのストロングポイントは広く知れ渡っている。

(残り 5902文字/全文: 6136文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ