【サッカー人気5位】組織力の向上と、「中の人」の成長 シュ…

「ゼルビアTimes」郡司聡

感傷なき山形アウェイゲーム。結果にこだわる集団の意地と覚悟【モンテディオ山形戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第38節
12月2日(水)19:00キックオフ
NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア

5試合ぶりの勝利へ

▼あの日から1年が過ぎ…

アウェイでのモンテディオ山形戦と言えば、昨季の自力残留を決めたゲームとしてまだ記憶に新しいだろう。1点のビハインドを背負いながらも、ロメロ・フランクの途中出場を機に、チームは反撃のギアを上げ、下坂晃城がCKからヘディングシュートを決め、逆転劇の仕上げはフランク。途中出場のドリアン・バブンスキーも絡み、追いかける展開から見事に勝ち切ったゲームは、“不屈のゼルビア”を象徴するようなゲームだった。

(残り 1286文字/全文: 1568文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ