【サッカー人気3位】【直前レポート|第9節・浦和戦】さあ、…

「ゼルビアTimes」郡司聡

内容と結果がリンクしない今季初の逆転負け。会見の最後にこぼれた敵将の本音【モンテディオ山形戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第38節
12月2日(水)19:00キックオフ
NDソフトスタジアム山形/2,311人
モンテディオ山形 3−2 FC町田ゼルビア
【得点者】山形/24分 前川大河、90+2分 渡邊凌磨、90+4分 加藤大樹 町田/3分 安藤瑞季、67分 平戸太貴

▼チームを劇的に変えた安藤瑞季の早期復帰

一人の選手の復帰で、チームに1本の芯が通ったようだったーー。

11月1日の第30節・愛媛FC戦で負傷した安藤瑞季が帰ってきた。リリース時の診断結果は左足関節靱帯損傷で全治6週間。それによって安藤は「今季は終わり」とチームドクターから告げられていたという。しかし、実際にはメディカルスタッフの尽力もあって、早期の復帰。ランコ・ポポヴィッチ監督は16番の不在を嘆くこともあったが、安藤の復帰でチームは劇的な復活を果たした。

(残り 5097文字/全文: 5449文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ