【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

「ゼルビアTimes」郡司聡

最高の花道となったホーム最終戦。理詰めの勝利を手繰り寄せたバックグラウンド【水戸ホーリーホック戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第40節
12月13日(日)14:00キックオフ
町田GIONスタジアム/2,038人
FC町田ゼルビア 1−0 水戸ホーリーホック
【得点者】町田/40分 安藤瑞季

▼新たな得点パターンによる先制点

チームを去る選手たちのためにも、勝利で最高の花道をーー。チームはホーム最終戦を勝利で飾ろうと一致団結していたが、もちろん、気持ちだけで勝利を手繰り寄せることはできない。ただ幸いにして、水戸ホーリーホック戦に向けた準備期間は1週間あった。イレギュラーな連戦下では、十分過ぎる準備期間を町田は有効活用した。

(残り 3909文字/全文: 4164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ